2008年07月13日

鶴見川のガーダー橋

 今度8月頃に、東京の鶴見川に貨物列車を撮りに行こうと思ってます。Google Mapで示すと、ここの鉄橋です。有名な撮影ポイントらしいのですけど自分はまだ行ったことがありません。

 ネットでもよく紹介されていて、特にこのページは親切に解説されていました。柵や架線柱がジャマにならないよう、旅客線と貨物線の間から撮るのがベターなようです。

 ところで、今回は広角気味に列車をサイドから撮りたいと思っているのですが、この場所で撮られた写真はどれも正面がちに撮った写真ばかりで、側面を撮った写真を見かけません。
 地図で見ると、旅客線と貨物線の間隔はあまりありません。もしかして旅客線がジャマになって、あまり貨物線から離れて撮ることができないのでしょうか。

 東京に住んでるなら、実際に現地に行ってみれば済むことですが、札幌在住の自分にはそうも行かないので、例によってVRM4を使ってシミュレートしてみました。

0807tsurumigawaSS01.jpg

<撮影地全景>

 旅客線と貨物線の間に入った時の撮影地全景です。川の向こうが新鶴見方面で、手前が鶴見・根岸方面です。
 目的が目的なので、ガーダー橋の表現がショボかったり、建物がろくに置いてなかったりします。ですが、旅客線と貨物線の間隔とか鶴見川の川幅は、Google Mapを元に長さを計りながら作ったので、おおむね正しいはずです(実を言うとちょっと微妙なんですけど)。

0807tsurumigawaSS03.jpg

<反対の海側から>

 海側から撮るとこんな感じですね。上述のように柵や架線柱があります。あと、旅客線はディティールを省いたのでここではわかりませんが、実際は、旅客線の架線やケーブル類がたくさん背後に写りこむはずです。

0807tsurumigawaSS04.jpg

<望遠で>

 これがよく見かける作例です。望遠でスパッと編成を切り取る感じ。

0807tsurumigawaSS02.jpg

<広角で>

 目的の側面がちの構図。
 旅客線の鉄橋までなるべく下がって、かつ河岸が写り込まないように撮ると、こんな感じになりました。これ以上右に振るのは少し厳しいっぽいです。

 ふむ。まあまあかな。検証のためにも行って来ようと思います。・・・検証のために行くんじゃ本末転倒っすけど。


posted by 45-50s at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | VRM→R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

パシャパシャパシャパシャ、あれ?

0712kanto04.jpg

<冬晴れでした>

 去年最後の記事で試したVRM→Rに基づいて、東北本線の東鷲宮〜栗橋間に行ってEF64を側面撮りしてきました、と言いたいところなんですが、撮影をしくじってしまいました。

0712kanto05.jpg

<光線状態はばっちり>

 栗橋駅から徒歩20分程度にある、開けた有名な撮影地です。東鷲宮駅からでも距離は大して変わらないようです。

 午後はおおむね上り列車に対して半逆光です。側面がちに撮影することで車体正面だけに強い光線を当て、EF64の特に排障器周りの立体感を強調しようという狙いであります。とか言っても撮影に失敗した今となっては空しく響きます、ハイ。

0712kanto06.jpg

<EF64が来た!>

 久しぶりに国鉄色の1000番台を見られたのがうれしくて、シャッターを何度も切りました。パシャパシャパシャ

0712kanto07.jpg

パシャ、>

 と連続4枚目のこのカットを撮ったところで、シャッターを押しても反応しなくなりました。連続でシャッターを切りすぎたせいで、カメラ内部での処理がいっぱいいっぱいになってしまったようです。
 一瞬のフリーズの後、ようやく再びシャッターが反応するようになったときには、

0712kanto08.jpg

パシャ

 一番のシャッターチャンスは過ぎ去っとりました。やれやれ。

0712kanto09.jpg

<さよならー>

 肩を落とす45-50sにお構いなしで去りゆくEF641006。

0712kanto11.jpg

<こんちはー>

 と思ったら不意に反対からやって来たEF651059。

0712kanto12.jpg

<EF210>

 この日はEF210をたくさん見かけました。吹田のEF66なんかに代わって東北本線での運用が増えているのでしょうか。EF64も大体こういうイメージで撮りたいところでした。

 最初のカット(上から3枚目)も、褐色の地面や青空に昇る煙(野焼きですよね火事じゃないですよね)が関東平野の冬らしくて悪くないかもなー、とか思っています。飛行機雲まで写ってるし。でもまたいつかチャレンジしてみるつもりです。
posted by 45-50s at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | VRM→R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

側面撮りの構図選定による些細な違いをシミュレートしてみました

 元旦は東京の実家で迎えるので、いつものようについでに関東の列車を撮影してくるつもりです。

 EF64を直線区間で側面から撮影しようと思ってるんですけどね。

 ほんの些細な構図の違いが、ずいぶん仕上がりのイメージに変化を与えるような気がしないでもないので、VRM4を使ってシミュレートしてみたんですけど、やっぱ気のせいかもしれないですね。でも気のせいじゃないかもしれないですね。そのへんは撮ってみないとわからないっすね。

0712ef64atstraight01.jpg

<標準レンズで>

 標準レンズで撮影すると、車体の箱っぽい感じは出るんですが、面白くもなんともないです。

0712ef64atstraight02.jpg

<広角レンズで・その1>

 広角レンズでもう少し線路に寄って、若干車体の形状を歪めつつ、画面占有率を横幅に対して2/3ほどにしてみました。

0712ef64atstraight03.jpg

<広角レンズで・その2>

 もう一度線路から離れて、車体の画面占有率を半々くらいにしてみました。少し奇をてらって進行方向に大きな空間を用意したんですがイマイチです。

 ざっと見比べると上から2番目がいいなー!というわけで上から2番目の構図を目指して撮影することに決めました。なんかやっぱりどれも同じに見えなくもないですが、そんなことないですよね。あっはっは。
posted by 45-50s at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | VRM→R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

人工デジャヴ

 どうも45-50sっす。先月16日の記事で、VRM4を使って高崎線吹上〜行田間にある列車撮影地をシミュレートしましたが、実際にそこで撮影をしてきました。

0708fukigyo01.JPG

<撮影地全景>

 光線状態は完全逆光で、今夏らしくギラギラと晴れていました。VRMビュワーで確かめた線形とはなるほどそっくりで、変なデジャヴを感じます。

 少し寝坊してしまったので急いで駅から歩いたのですが、カメラを構えるとすぐに奥利根号がやってきました。

0708fukigyo02.JPG

<EL&SL奥利根号>

 EF60の側面がいい感じですねぇ。1灯タイプのヘッドライトもレトロでクールです。

 さて、この写真の焦点距離は46mm(35mm判で約70mm相当)です。これを先月のシミュレート結果と比較してみましょう。

0708vrm_r_fukigyoSS02.jpg 0708vrm_r_fukigyoSS01.jpg

<左:約20mm、右:約100mm>

 上の写真は左右のスクリーンショットの間くらいの画角に見えますが、これは焦点距離の値からも納得できます。

 本当はもっと引いた画角(左のスクリーンショットのように)で、もう少し線路に近寄り、編成のかたちを歪ませて撮るつもりだったのですが、そんなことを考える余裕も無く列車が来てしまったので、いつもの凡庸な写真になってしまったのが少し残念です。
 ともあれ、一度ビュワーで確認していたことで、ある程度安心して撮影に臨むことができました。

 また、実物とVRM4を比較すると、VRM4にはカント(曲線区間の傾斜)が実装されていないことが、改めてよく実感されます。

 奥利根号の通過後に、参考資料として踏切際からも何枚か撮影したので、こちらのシミュレート結果も確認してみましょう。

0708vrm_r_fukigyoSS03.jpg 0708fukigyo04.JPG

<左:VRM4、右:実物>

 いずれも画角は約100mmです。うーん、おおむね良好にシミュレートできているようですが、どうもVRM4のほうが若干広角寄りなような気が・・・。
 あと、この区間は下り列車に対して上り勾配だったんですね。Yahoo!地図を元にしたシミュレートではここまではちょっとわかりませんでした。

 もっと細かい勾配や曲率などの地形再現には、Zioさんが時折進めているVRM4GIS計画(仮)がとても役立ちそうな気もします(この記事とかを拝見する限りでは)。

続きを読む
posted by 45-50s at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | VRM→R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

補足です

 やっほー。はまなすに乗り遅れてまだ札幌にいる45-50sです、こんちは。

 昨日の記事を書いてすぐに家を出るつもりだったんですけど、急に胃腸の調子が悪くなって出発が延び(笑)、結局駅の自動改札機を通ろうとした瞬間に、電光掲示板から「22:00 はまなす」の文字が消えましたー。

 まぁ いいんです。追加キット買う金は無くても 暇だけはあるのでね 一日くらい遅れたって,どうってこたぁないんです。「乗れたのはJRのおかげ 乗り遅れたのは自分のせい」これですよ 反省はしないけどね,後悔もしてません といっても若い人にはわからねぇか!←おいちゃん

 そんなわけで、昨日書いた吹上〜行田間のVRM→Rの補足をします。
 昨日ははじめにVRMレイアウターに読み込ませるための地形ファイルを作りましたが、縮尺について書くのを忘れてました。

続きを読む
posted by 45-50s at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | VRM→R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

またまたVRM→R

 いきなりっすけど、東京じゃEF6019が国鉄色に戻ったそうですね。しかも毎週土日にはEL&SL奥利根号の14系12系6両を牽引しているそうじゃありませんか。(追記:14系は12系の間違いっすね)
 というわけでもうすぐ東京に帰る45-50sも撮って来るつもりであります。

 ネットで調べてみたら、高崎線の吹上〜行田間のカーブが良さげなんですが、自分はまだここに行ったことがありません。というか高崎線での撮影自体が何年ぶりだろうかってくらいです。

 そこでVRMを使ってこの場所を再現してみました。まずは地図を元に、VRMレイアウターで読み込み可能な吹上〜行田間の地形ファイルを作ります。

続きを読む
posted by 45-50s at 20:53| Comment(0) | TrackBack(2) | VRM→R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

続・またVRM->R

 ご無沙汰してます45-50sです。

 最近は帰省するたびに東京近郊に鉄道写真撮影に出かけていますが、今度もたくさん撮ってきました。特に、地元の東京急行電鉄を久しぶりにじっくり撮影することができて楽しかったでありますよ。

 さてさて皆さん、唐突ですが自分が先月帰省(上京?)する前に書いた記事「またVRM->R」を覚えているでしょうか。



 一片の記憶も残っていませんか、そうですか。

 VRM->Rとは、鉄道写真撮影に出かける際、事前にVRMを使って訪問予定地の実景をシミュレートし、それにより得られた情報を現地での構図決定などに役立てようというものです。で、「またVRM->R」は、今年元旦の山口線撮影における初試用に続くVRM->Rの第二例目です。

 今回のシミュレートの目的は、中央本線高尾駅近くの踏切から上り貨物列車を撮影する際、奥に見えるカーブに編成の尻尾を残したまま撮影できるか否かを見極めること、です。

 自分は直線構図より曲線を帯びた列車のほうが好きなので、できれば編成の尻尾がカーブから抜け切る前に撮影したかったのですが、シミュレートの結果は、自分の持っている最長の600mmレンズ(35mm判で900mm相当)を用いても、列車がカーブを抜ける前に撮影することは困難だ、というものでした。

 で、実際に600mmレンズで撮影した結果がこちらです。

0702takao1st01.JPG

<カーブを抜ける直前>

 遠い・・・、列車が遠い・・・!

0702takao1st02.JPG

<VRM->Rは正しかった!>

 と言い切る自信はまだ無いですが、少なくとも今回はシミュレートの通りとなりました。タキ5両と予想よりも短編成だったとはいえ(シミュレートではタキ10両と仮定)、カーブを抜ける前の列車を撮影することはできませんでした。

続きを読む
posted by 45-50s at 00:49| Comment(4) | TrackBack(1) | VRM→R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

またVRM->R

 今度の春休みに・・・というか自分は今ももう春休みみたいなものなんですが、とにかく今度また帰省するときに、中央本線のEF64を撮ろうと思ってます。

 で、今ちょっと財布が厳しいので、余ってるパスネットで京王に乗って高尾あたりに行こうと考えてるんですが、それに先立ってVRM4で動画を作って撮影地のシミュレートをしてみました。VRM->Rです。


 動画の踏切は駅から20分くらいで行けるらしく、直線区間ですが奥にカーブがあります。自分は直線区間よりもカーブがかった線形が好きなので、超望遠で撮れば編成の最後尾にちょっと変化を付けられるかもしれないと期待して、ここをシミュレートすることにしました。

 動画はビュワーのFOVを最も絞った10度に設定して、さらに編集作業段階でもトリミングし、デジタル一眼換算で600mmの画面にしています(画質が悪いのはそのためです)。

 でその結果、編成が奥のカーブにかかった段階ではまだ遠すぎて撮影にはあまり適さないことがわかってしまいました。残念。

 でもまあオーソドックスな直線構図ももちろん嫌いではないので、とりあえずこの踏切で撮ってきて、このVRM4によるシミュレートが妥当なものだったかどうか確かめてみることにするつもりです。
posted by 45-50s at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | VRM→R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

VRM->R

 皆さんご存知でしょうけれど、鉄道写真で苦労するのは、構図を決める段階ではまだ当の被写体がいない、ということです。

 そのため、撮影前から明確なイメージを持って構図を決めたとしても、いざ列車が来ると、イメージとは全然違った写真が出来上がってしまうことがあります。

 撮影前に頭の中で描いたイメージにはどうしても限界があるのです。
 もちろん想像力に優れていて脳内に正確なイメージを描ける方もいるでしょうけれど、自分はどうもそれが苦手のようです。
 ですからイメージしている構図というのが、実際には空中に浮いたり線路内に立ち入ったりしないと撮影できないような、現実味のない構図だったりすることも多いのであります。

 そこで、です。元旦の津和野稲成号の撮影に先立って、VRMを使った撮影構図のシミュレートをしてみました。

0701dd51sim.jpg


070101yamaguchi04thumb.JPG

 津和野稲成号撮影にあたってのイメージは「先頭の蒸気機関車を主役とし、カーブに差し掛かったところを画面からはみ出るくらいに撮影し、蒸気機関車の迫力を捉える」です。

 はじめて試す構図なので失敗する可能性は非常に大きかったのですが、線路からの距離、レンズの焦点距離、俯角の大きさなどをVRMで一度確認し、実現可能性が十分あることがわかったので、思い切って試すことにしました。その結果はほぼイメージ通りとなり、自分にしては非常に良い出来だったと思っています。

 今回は簡易に線形を模してシミュレートしただけですが、フレキシブルレールなどを用いてもっと細密な再現をしても効果が期待できそうです。

 VRMは現実の鉄道(撮影)のシミュレートもできるっぽい、とゆー話でした。
posted by 45-50s at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | VRM→R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。