2008年05月18日

すごい大発見!!!

 タイトルはとれたてで目を引くようにウザく変えてみました(何しろエクスクラメーションマーク3つ)。実際は大発見でも何でもありません。何というスパム。

 さて、今日のテーマは、VRM4ユーザーなら誰でも気になっていることだろうと思います。

 バス停学校の自転車置き場近郊アパート駐輪場屋根の違い

 このページを閉じる莫大な数のクリックの音が聞こえますが、それはさておき。

 見た目はどれもそっくりですが、部品エディタではそれぞれ全く別のカテゴリに収録されている屋根たち。彼らの特徴をそれぞれまとめました。

0805roofSS01.jpg

<バス停>

 まずは第4号収録のバス停の屋根です。ふむふむ。確かにどこからどう見ても屋根ですね。3種類とも、支柱の配置や色に若干の違いはありますが、屋根の形状や全体の大きさに差異はありません。
 ちなみに画像で一番左の「バス停屋根C」は、VRM4の部品としては珍しく屋根部分が半透明なのが特徴ですね。

 屋根の高さはバスより少し背が高いくらいですが、これは妥当でしょうか。バス停の写真を少し探してみると、これとかこれがありました。これらを見る限りでは、VRM4のバス停屋根の高さは実物と同じくらいみたいです。

0805roofSS02.jpg

<学校と近郊アパート>

 いずれも第8号収録です。学校のほうは「自転車置き場1・2」として、近郊アパートのほうは「近郊アパートベース」にくっついた形で用意されています。

 うん。同じですね。さすがに同じパッケージに収録されているだけあります。部品カタログで調べると、台座を含めれば高さまで同じでした(台座の厚みに若干差があるようですが)。まあ別に手抜きなどと腐すつもりはありません。

 屋根の高さを一緒に写っているTOMIX自転車と比較すると、3倍ほどあります。で、バス停と同じように写真を探すと、これとかこれがありました。若干高いかな?と最初思っていたのですが、実物を見ると、(当たり前ではありますけど)屋根の高さは物によりけりでした。なのでVRM4の自転車置き場の屋根もおかしいとはいえません。
 それに、VRM4の自転車は子供サイズ(この記事この記事参照)なので、それと比較するとちょっと大きめに見えるというのもあると思います。

0805roofSS03.jpg

<で、比較>

 あらためて比較してみると、ご覧の通り、バス停屋根の方が自転車置き場より約1.3倍高いです。
 今まで述べたように、それぞれの屋根は高さやサイズがきちんと最適化されています。自転車の例があるのでちょっと不安だったのですが、こと屋根については安心して良かったようです。

 まあ、レイアウト上で違和感なければ、少々スケールが違ってても何も問題ないんですけどね。


posted by 45-50s at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | V4部品詳説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

そっくり標識二題

 VRM4第5号には「車両停止標識」という部品が収録されています。一方第6号にも、名前や見た目がよく似た「列車停止標識」があります。いったい何が違うとゆーのでしょうか。

0705teishihyo_report00.jpg

<左:車両停止標識、右:列車停止標識>

 見た目としては、ちょうど白と黒が反対になっています。また、列車停止標識は支柱が地面の下まで伸びていますが、車両停止標識は1mm浮いています(参照)。また列車停止標識は部品パレット上では「停止標」に分類されていますが、車両停止標識は「線路標識」の中にあるので若干ややこしいです。

 二つの標識の使い分けについては、Wikipediaこのページに書かれていました。
 どちらも「ここより先に進んだらいかんよ」という意味を示しているのですが、列車停止標識のほうは出発信号機の本来の位置を代弁するという重責を担っているんですね。なるほど。
 また、車両停止標識も単に停止位置の限界を示すものであって「ここに停止せよ」という意味はなく、停止位置の指定はあくまで停止位置目標(VRM4では見た目からいって「進入停止表示板」が相当?)が行うようです。

 さて紛らわしいそっくり標識をもうひとつ。

続きを読む
posted by 45-50s at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | V4部品詳説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

VRM4第6号のリニューアル部品まとめ

 先日出たVRM4第6号は、C571とか中継信号機とか新規収録の部品もどれも注目すべきものばかりですが、基本部品が少しリニューアルされた点も見逃せません。

 今回リニューアルされたのはポイントレール(I.MAGICバラスト軌道)とPC複線架線柱です。

0704renewalSS01.jpg 0704renewalSS02.jpg

<左:I.MAGICバラストポイント、右:変わらないスラブ軌道ポイント>

 I.MAGIC規格のバラストポイントの見た目がやや改善されました。分岐部分のレールのすき間や脱線防止ガードが設けられ、テクスチャで簡単に描いただけっぽいですが転轍機もできました。
 分岐方向はわからないものの全体的なイメージは明らかに向上していて、特に両渡り線のように複数のポイントが密集する箇所でリニューアルの効果が際立つように思います。

 ポイントの見た目が向上したことで、逆に「無理矢理ポイント」が使いづらくなってはしまいましたが、個人的にはこのリニューアルを歓迎してます。
 ただ残念ながらリニューアルされたのはI.MAGICバラストポイントだけで、スラブ軌道ポイントやTOMIX規格のポイントは変わっていません。今後に期待しませう。

0704renewalSS04.jpg 0704renewalSS03.jpg

<左:PC架線柱2、右:PC架線柱>

 鋼材部分の表現をよりリアルにした新しい複線架線柱も収録されています。
 運転台カメラの高さから比較すると、鋼材の色合いの違いは明らかですが形状の違いはほとんどわかりません。しかし画像のように上から見ると細かさの差は一目瞭然で、レイアウト内をフライスルーカメラで俯瞰して眺めるときに大きな違いとなって表れそうです。

 ちなみにポイントは既存の部品を置き換えるかたちでリニューアルされたので今までのポイントはもう使えませんが、新しい複線架線柱は別部品として収録されているので、色合いに応じて古いほうも使えます。

 新しいパーツが増えるのもうれしいですが、初期に出た基本部品が後の部品のクオリティに合わせてこうしてリニューアルされるのもありがたいです。この調子でスラブ軌道ポイントのような他の初期部品も徐々にリニューアルしてくれるとうれしいっすね。あ、そういえば勾配標・・・ゲフンゲフン!
posted by 45-50s at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | V4部品詳説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

橋脚詳説(I.MAGIC固定橋脚)

 今日はI.MAGIC規格の固定橋脚を解説します。

 VRM4の橋脚は、橋脚自身の高さと上に乗るレールの高度が異なるので注意が必要です。詳細はこの記事をご覧ください。

続きを読む
posted by 45-50s at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | V4部品詳説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

橋脚詳説(TOMIX固定橋脚)

 今日はTOMIX規格の固定橋脚を解説します。

 VRM4の橋脚は、橋脚自身の高さと上に乗るレールの高度が異なるので注意が必要です。詳細はこの記事をご覧ください。

続きを読む
posted by 45-50s at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | V4部品詳説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

橋脚詳説(I.MAGIC可変橋脚)

 今日はI.MAGIC規格の可変橋脚を解説します。

 VRM4の橋脚は、橋脚自身の高さと上に乗るレールの高度が異なるので注意が必要です。詳細はこの記事をご覧ください。

続きを読む
posted by 45-50s at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | V4部品詳説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

橋脚詳説(TOMIX可変橋脚)

 今日から橋脚を詳説します。

 VRM4の橋脚は、橋脚自身の高さと上に乗るレールの高度が異なるので注意が必要です。詳細はこの記事をご覧ください。

 橋脚にはI.MAGIC規格とTOMIX規格の2種類があり、さらに高さを自由に変えられるもの(可変橋脚)と高さは固定のもの(固定橋脚)に区別できます。
 今日はそのうちTOMIX規格の可変橋脚をとりあげます。

続きを読む
posted by 45-50s at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | V4部品詳説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

高架プレート詳説(I.MAGIC高架駅区間)

 I.MAGIC規格の高架プレートには、高架駅区間専用のものが用意されています。TYPE-AやTYPE-Bにも高架駅用の特殊な幅の高架プレートが存在しますが、今日紹介する専用の高架プレートは、幅だけでなくデザインも高架駅を模しています。

続きを読む
posted by 45-50s at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | V4部品詳説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

高架プレート詳説(I.MAGIC碓氷川橋梁)

 今日取り上げる「碓氷川橋梁」は、碓氷峠に架けられている実物の鉄橋をモデルとした高架プレートです。

 「めがね橋」として有名な旧線の碓氷川第三橋梁と、後に隣に建設された新碓氷川橋梁の2種類があり、どちらも碓氷峠特集を銘打ったVRM4第3号に収録されています。

続きを読む
posted by 45-50s at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | V4部品詳説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

高架プレート詳説(I.MAGIC TYPE-A・B)

 今日はI.MAGIC規格の高架プレートのうち、TYPE-AとTYPE-Bのシリーズを見てみます。

 I.MAGICの高架プレートには「TYPE-A」「TYPE-B」「島式高架駅区間」「対向式高架駅区間」「碓氷川橋梁」の5種類があります。このうち「TYPE-A」と「TYPE-B」は通常の高架区間に使用する高架プレートです(一部特殊な形状のものもあります)。

 基本的にTYPE-AとTYPE-Bの違いは側壁の見た目だけなので、はじめにその見た目の違いを紹介したらあとは片方だけを取り上げます。

続きを読む
posted by 45-50s at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | V4部品詳説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。