2006年07月18日

裏がある車両

 初期のVRM3車両には、次の画像のように車輪の裏側のポリゴンが無い車両がありますよね。


<車輪の裏が無い>

 しかし、今もオフィシャルのトップページからダウンロードできる「113系ありがとうHMモデル」を見てみると、


<おおっ裏がある>

 この車両はVRM2の113系がベースだと思うんですが、ちゃんと裏側があります。

 ところで自分は、VRM3第0号の車両はみな車輪裏側のポリゴンが無いと思ってましたが、無いのはEF65 1000、キハ283系、0系新幹線だけで、205系や251系などの車輪はちゃんと裏からも見えます。一方で第2号の0系2000番台では車輪の裏側が無く、結構まちまちです。

 さらにもうひとつVRM3初期の車両の特徴として、中間車両の連結器が無いということが挙げられます。


<ああっ間が無い>

 これはパッケージごとに明確で、第0・2号の車両では全く作られていませんが、第3号以降では全車作られています。

 ただし車種ごとに連結面の間隔・高さが不定で、異なる車種同士を連結すると連結器同士がめりこんでいたり乖離していたりすることがあります(この問題はVRM4でも残っているようです)。

 自分はVRM3は第0・2・3・5号しか持ってないので、TOMIX版の第1・4号と最後期パッケージの6・7号の車両は検証していません。あしからず(?)。


posted by 45-50s at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | V3実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

VRM3走行音の怪

 VRM3で列車を走らせていたときの話です。ご存知の方も多いかもしれません、あるいはウチのPCだけの現象かもしれませんが。

 走行している列車を停車させずにいきなり方向転換させると、列車は方向転換して停止します。
 ところが耳を澄ますと、列車は停止しているはずなのに、どこからともなく走行音が鳴り響いているのが聞こえるではありませんか。そしてもう一度方向転換すると音は止みます。

 そこで運転台カメラを操作してその謎の走行音のもとを探りに行くと、音は列車の最後尾(つまり方向転換する前の先頭)から出ていることがわかります。気になってさらに最後尾車両に近づくと、音はぴたりと止んでしまいました。
 また、一両編成の列車で走行中に方向転換を行っても、この現象は起きませんでした。

 というわけで、VRM3で走行中に方向転換をすると、方向転換前に先頭だった車両の走行音が正しく停止されず、再生され続けます。しかもこの現象は、方向転換をする時点で視点が当該車両からある程度離れていないと発生しないようです。

 ちなみに、最後尾の車両からこの異常な走行音が流れ続けたまま、無視して列車を発車すると、最後尾の車両の異常な走行音と、残りの車両の正常な走行音が両方流れました。
 またVRM4ではこの現象は発生しませんでした。

 たぶんバグの類なのだろうと思いますが、かといって動作に何か支障をきたしているわけでもないので、将来アップデータで改善されるとしても優先度はかなり低いと思います。
posted by 45-50s at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | V3実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

そういえば

 おいちゃんさんがブログで

>はっきり見えるのはいいが 縞模様などの横線などがダブって見えたり バスなどの車のボディが変に見えることがある。

 と仰っていますが、言われてみれば自分のPCもグラフィックボードを挿したときから、平行に近接した平面がおかしく表示されるようになってしまいました。



※背景はflankerさんが公開されているものを使用しています。

 SSでは201系の「中央特快」という表示が欠けてしまっていますね。
 ほかにもトンネルの縁の地面がぎざぎざになったり、遠くから見ると複線機関庫の「安全第一」の看板がちらついたり。

 まあこういうものと思って気にしないことにしていますけどね。

 あ、ついでにこれ貼ろうっと。



<がんばれ会社員B>
posted by 45-50s at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | V3実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

さて、文句ばっかりになってきました

 VRM3所収のキハ58の種別表示なんですが、キハ28は「普通」、キハ58と65は「急行」に統一というのは不便な感じです。
 キハ58は冷房などの電源の都合から通常キハ28か65と組んで運用されますが、キハ65はエンジンを強めた後発の車両なわけで、初期のキハ58+28のペアでは前後で表示がちぐはぐになってしまいます。

2858.jpg

右の2両がキハ28、左の2両がキハ58

65.jpg

2重サッシ、折扉、強力エンジンなどのキハ65

※背景はflankerさんが公開されているものを使用しています。

 まあ正直自分には、キハ58と28の違いは遠目には全然わからんのですが。

 ただ、誰も見ないレイアウトの透明橋脚の向きまで統一したくなる(嫌な?)性格なので、なんだか気になってしまいます。
posted by 45-50s at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | V3実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。