2008年03月10日

動画はYoutubeに移しました

 Youtubeのアカウント取りました。テストも兼ねて今までの動画から少し貼りまっす。以下、特記なき場合音量注意です。


 先日の「木箱と銀河」です。


 VRM単体では表現の難しい雷鳴のデモ動画です。詳細はこちら


 音はありません。この頃の自分はアッチの世界にいっちゃってたようで、思い返せばこんなわけわからん実験を繰り返してました。一応詳細はこちら


 Euro ExpressのThalysが予想外(?)にカッコよかったので作った動画らしいです。詳細はこちら

 今は、Thalysももちろん好きですけどmokoさんのブックマーク経由Taurusのファンです。Euro Expressはもう終わったのか知りませんが、TaurusがVRM4規格で出たら最高なんだけどなぁ・・・。


posted by 45-50s at 16:38| Comment(9) | TrackBack(0) | V4ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

木箱と銀河

 皆さんこんばんは。ストーリーテラー45-50sです。嘘です。口下手45-50sです。

 唐突ですが皆さんに一つ質問です。

0803crateandgingaSS01.jpg

<これが何だかおわかりになりますか?>

 ごめんなさい、決してバカにしているわけではないんです。あまりに易しい質問ではありますが、ただ、確認のためにということです。
 みなさんおわかりですよね?

 そうですね、1億円が入った木箱ですね。

 この大金は、大阪のとある偉い人が、東京にいるこれまた偉い人に、翌日の午前中までに届けなきゃいけない大事なお金なんですよね。しかも今はもう午後8時ですから時間がありません。
 説明するまでもありませんが、この木箱にはGPSと連動した発火装置が組み込まれていて、翌日の午前中までに東京に持ち込まなければ、自動で燃え尽きてしまうんですよね。

 ・・・あっ!?すみません!当たり前のことをべらべら解説してしまって!しかし、当然であっても大事なことなのです。どうかもう一度ご確認ください。
 これは、なんとしても翌朝東京に届けなければならない1億円入りの木箱ですね。

 想像力の無い人にはただの木箱に見えるかもしれませんね。

・・・

 さて恐縮ですが、もう一つだけ、最後の確認に質問をさせてください。

0803crateandgingaSS02.jpg

<これが誰だかわかりますか?>

 繰り返しになりますが、決してバカにしているわけではないんです。あまりに易しい質問ではありますが、ただ、確認のためにということです。
 みなさんおわかりですよね?

 そうですね、昼休みに灰皿で休憩している会社員のように見せかけた1億円運搬役の公務員ですね。

 周囲にいる2人も同僚で、どうやって1億円入り木箱を運ぶか相談しているんですよね。
 しかもこの公務員氏、免許を持っていないので自動車は使えないんですね。だから飛行機か鉄道しか手段がないのですね。

 あっ・・・また冗長な解説を繰り返してしまいました。しかしとにかく大事なことなのです。こちらももう一度ご確認ください。
 この人は、なんとしても翌朝東京に1億円を届けなければならない公務員ですね。

 想像力の無い人にはただの会社員に見えるかもしれませんね。

・・・

 前置きが長くなりましたが、これは、そんな困難な任務に挑んだ男のムービーです。果たして彼は、無事木箱と東京駅に降り立つことができるのか!?どうぞッ!


 画像をクリックすると再生します。22秒ごろからにぎやかな曲が入るので、音量に注意してください。


 「銀河」廃止残念ですね!
posted by 45-50s at 20:00| Comment(2) | TrackBack(1) | V4ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

騙されてはいけない

 先日発売されたVRM4第8号の車両は、なぜだかわかりませんが、弱冷房車ステッカーを張り替えることができます。これはつまり、我々ユーザーに好きなように書き換えて落書きして遊べよ、と言っているのでしょうか。

0711strongairconditionerSS01.jpg

<車内に吹き荒れる強風>

 まあそんなワケないっすよね。本当のところは、弱冷房車ステッカー部分を黒く塗りつぶすことで、ステッカーなしの状態も表現できるようにしているんでしょうね。

 そんなことより、第8号車両の字幕といえば、E233系のバグはひどいですね。5号車の車両に3号車のステッカーが間違えて貼られていて、しかもそれが張替えられないとは。弱冷房車ステッカーよりそっちを張替え可能にしてほしかったです。

 相変わらずI.MAGICは、ユーザーのニーズをまるでつかめていないというか、ディティールに無頓着というか、ブツブツ。

 ・・・いやまてよ。これはうまくできすぎてはいませんか。

 E233系の5号車の号車ステッカーが間違っていながら、隣の4号車の弱冷房車ステッカーが張り替えられる。
 I.MAGICはもしかして、この絶妙な取り合わせで、5号車の間違った号車ステッカーをどうにかせよ、と言っているのではないでしょうか。昔の心理学者が、チンパンジーに台と棒を渡して、吊るしたバナナを獲得させたが如く。

 そうか!つまりこういうことっすね!


<音量注意>
posted by 45-50s at 21:55| Comment(5) | TrackBack(0) | V4ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

EF牧場ノ記録

 先日リリースされたVRM4第7号には皆さんご存知のように、機関車がたくさん収録されているので、自分のような貨物ファンには嬉しい限りであります。

 ただ、漆黒さんが書いているように、EF210の警笛が変なのが笑えますね。「ピーヨピーヨ」ってひよこの鳴き声みたいです。

 機関車ってのは、そんじょそこらの安っぽい電車とは違って、たくさんのトレーラーを牽引するパワーの塊であり、迫力とスピード感を兼ね備えた車両です。SLの時代から言われ続けているように、息吹、鼓動さえ感じられるような、生物感あふれる存在なのであります。

 いやーもう生物感あふれすぎて、機関車の1両くらい牧場で飼ってみたいくらいです。

 3両ほど飼ってみました。


<音量注意>

 ちょっとはじめのほう画面が崩れるみたいなんで、気になる方は一度元ファイルをダウンロードして見てください。

2008-03-10追記:
Youtubeに移しちゃいました。


 いや、別に変な警笛を用意してくれたI.MAGICを揶揄したかったわけじゃないっすよ。ただ、この記事で書いた「警笛が動物の声」ってのを一回やってみたかっただけです。警笛は別にそのままでいいんで、I.MAGICは早いとこVRM4に○○を収録/実装してください。←お好きな単語を当てはめて読んでください

 ちなみに警笛に割り当てる動物は牛がよかったんですけど、見つからなかったのでWEB WAVE LIBってところにあったヤギの声で我慢しました。

 でもEF210は桃太郎だから、犬か猿か雉のほうが良かったっすかね。どれも牧場って柄じゃないですね。その点EH500なら熊ですね。どうでもいいですね。失礼しました。
posted by 45-50s at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | V4ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

VRMムービー作りました

 スピーカーはONにしてください。ヘッドホンがおすすめです。なるべくまばたきをしないで、22秒頃からは特に注目してご覧ください。


<音量注意>

続きを読む
posted by 45-50s at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | V4ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

悪の親玉Thalys

 昨日の記事の締めくくりにVSEと591系を“かわいい”連接車として取り上げましたが、考えてみたら同時に買ったコイツも連接車なのでした。

0701ThalysSS01.jpg

<芋虫だ!土竜だ!いや違うタリスだ!>

 もっともThalysの先頭の機関車は連接構造ではないので、先頭車同士を連結させても昨日のようにはいきません。

0701ThalysSS02.jpg

<強そうなのでコンテナを牽かせてみた>

 EH500なぞ蹴散らしてしまいそうな大きな2車体機関車ができたので、コンテナを見えなくなるまで牽かせてみました(コンテナをいちいち積載するのが面倒くさいのでM250系の中間車両で代用してますけど)。

 とゆーわけで、Thalysが予想外にかっこよかったので動画を作りました。

続きを読む
posted by 45-50s at 21:13| Comment(3) | TrackBack(0) | V4ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

Version 4.0.4.7

 アップデータの4.0.4.7でドップラー効果が追加されたというので、早速南武線ビネットで試してみました。


<音量に注意>

 なるほどこれはすごいっすね。踏み切りの警報音だけでなく、対向列車の走行音や警笛もちゃんとドップラってます。
 別に列車で走っているときに限らず、地上カメラをすばやく操作してもやっぱりドップラりました。たいしたものです。周囲のものがドップラるほどの速力で走ったことがないので、なんともシュールに感じます。

 また、停車中の車両の脇を通過しても待機音がドップラるのですが、これは意外とかえって違和感をおぼえます。これはむしろ待機音自体があまりリアルではないのが原因かもしれませんが。

 あとちょっと音程の変化が激しい気もします。わかりやすくデフォルメしているのかもしれませんが、本物もこんなものかもしれません。よーわかりません。そのうち計算してみましょう。

 デメリットもありました。ドップラーとは関係なく、列車の走行音がフランジャーをかけたような変にうねった音になってしまいました。
 これは多分、ウチのPCのスペックが低いせいだと思います。アップデータのReadmeにはこんな説明がありました。

>従来、サウンドプロパティーでハードウェアアクセラレーションを標準などに下げていた環境でもフルアクセラレーションで動作可能になっています。


 これはDirectXの診断ツールのこと・・・ですよね? で、ウチの場合、アクセラレータが標準のままだと、上に書いたようなうねった走行音になり、フルにするとそのうねりがますますひどくなりました。
 ドップラー効果はおもしろいのですが、このうねりはちとつらいです。何とかならないものでしょうか。え?PC買い換えろって?
posted by 45-50s at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | V4ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

なんてクールな鼻

 どうも、FRAPSのせいで俄然ムービーの制作意欲が高まってきた45-50sです。とゆーわけで、今日作った習作を公開します。


 いや、別にオチはないです。強いて言えばエンドロールでしょうか。
 そのエンドロールが自分の環境ではやたら映像が崩れるんですが、皆さんの環境ではどうでしょうか。もしひどく崩れる場合は、downloadをクリックして元のwmvファイルをダウンロードすると、もう少し大きめの画像、良い画質で見られます。

 画面サイズが横長なのは、上部に入るFRAPSロゴやビュワー下部の情報表示をトリミングしたためです。どうせならエンドロールにあわせてエンディングテーマを入れても面白かったでしょうか(笑
 まあ本編にBGMが全くないのでかえって浮くかもしれませんけど。

 架線柱には架線だけでなくき電線だか高圧配電線も張ってみました。かなり見栄えが良くなったので確認してみてください。
 foxさんもブログに書かれていたと思いますが、通信電柱だけでなく、架線柱の架線以外のガイシにもジョイントを設けるときっとかなりリアリティが増すはずです。同時に必要な労力もやたら増すはずですが。

 ともあれ、やはりサウンドが入る効果は絶大だと思うのですが、いかがでしょうか。
 これなら音声系のネタも、わかりやすくブログでデモンストレーションできそうですし。
posted by 45-50s at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | V4ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

あの人も使っていた

 どんなに頑張って書いても、一度消えた記事は戻らないっ。こんばんは、45-50sです。

 さて、FRAPSについての続報です。

 すみません、trs2004jpさんにコメントをいただくまで肝心なことを書くのをすっかり忘れてました。

 FRAPSに有料版と機能を削ったフリー版があることは昨日書いたとおりです。フリー版は画面上部にロゴが必ず入るということも書きました。
 が、しかし!フリー版にはもうひとつ大きな制約があります。

 フリー版の動画キャプチャー機能には、一度に30秒までという上限があるのです。

 で、これもtrs2004jpさんに教えていただいたのですが、少し前のヴァージョンのFRAPS1.9Dは30秒を超えても録画できます。マニュアルによるとファイルサイズが4GBを超えない限り時間制限はないようです。
 2.7.4のようにロゴなどの邪魔モノが入ることもありません。

 最新版と比較したときのデメリットは、動画の出力サイズが640x480(最新の2.7.4は1152x854とそのハーフサイズのどっちか)にしか対応していないことです。ビュワーで設定するスクリーンサイズが640x480より大きいと、左上の640x480部分以外はトリミングされます。また、残念ながらサウンドを同時に録音することが出来ません。

 でもghostさんのようにサウンド機能に拘泥しない方なら、1.9Dのほうが使い良いかもしれません。リアルタイムの録画は、最新版と同じようにできるようですから(スクリーンサイズの変更がちょっと面倒ですが)。

 また2.7.4と1.9Dはどちらも設定画面で、動画キャプチャー時のフレームレートを選ぶことが出来ます。1.9Dのほうがフレームレートの値が小さいので、PCのスペックに不安がある方は1.9Dのほうがスムーズに録画できるかもしれません(と思ったんですが、2.7.4は選択式のほかに直接数値を入力できるみたいです)。

 ちなみにWilliさんは4つのクリップに分けて録画して、あとで別の動画編集ソフトで結合したそうです。

conparison_fraps.JPG

<機能ごとの比較(どちらもフリー版)>
posted by 45-50s at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | V4ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

これはすごい!

 スイスのBahnsim PROユーザー、Willi Leopoldさんの存在は、VRMユーザーの皆さんならVRM入道での紹介を通じて多くの方がご存知だろうと思います。
 で、今回Williさんが、自分のレイアウトを使った動画を作ってくれました!コチラからぜひご覧ください。ちょっと重いかもしれませんが、ただのVRM/BSPムービーじゃないですよ。

 ムービーで走行音が鳴っていたのにお気付きでしょうか。ふつう我々がつくるVRMムービーは、VRMに備わっているキャプチャー機能を使うので走行音は録音できないのが当たり前でした。
 自分の知る限りでは唯一、Junichiさんが画面の前にビデオカメラを置いて撮影することで、走行音の入ったムービーを製作されています。

 しかしWilliさんのムービーは、Junichiさんの方法で撮影したにしては画質がずいぶん良いですね。まるでビュワーをそのまま見ているかのようです(とはちょっと言いすぎか)。
 実に不思議なので、WilliさんのBBSでお礼がてらどうやって撮影したのか聞いてみたら、FRAPSというソフトを使っていると教えてくれました。

 このソフトはムービーだけでなく、静止画のキャプチャーやフレームレート表示機能もあります。フルヴァージョンは有料ですが一部機能を削減したフリー版もあり、Williさんはそちらを使っているとのことです。

 早速自分もフリー版をインストールして使ってみたのですが、すごいですよコレは

 何しろ、動画キャプチャー機能に限っても以下のようなメリットがあります。

[これはすごい][GJ]サウンドをいっしょに録音できる。
[これはすごい][GJ]動画キャプチャー中でもビュワーのスピードが落ちない。
[これはすごい][GJ]とりあえずはじめからAVIファイルとして出力される。

 ひとつめは上述のとおりです。もう目からウロコです。

 ふたつめも実に画期的です。VRMのキャプチャー機能はキーを押した途端に水中を歩くようにビュワーがスローモーションになり、これが動画製作をとにかく面倒くさい作業にさせる元凶でした。
 しかしFRAPSは、おそらく効果音を同時に録音する都合からでしょう、キャプチャー中でもビュワーはスムーズに動きます。
 ただし、スペックの低いパソコンではスピードについていけず、逆にコマ落ちを招くかもしれません。ウチのPC(ちなみに先日ビデオカードを変えました)ではちょっとコマ落ち気味でしたが、十分見られる出来でした。下に作ったムービーがありますので、あとで参照してください。

 みっつめは言わずもがなですね。はじめにBMPを動画に変える作業が必要ありません。ただし未圧縮のAVIなのでやたら重く、webで公開するにはWMVなりフラッシュムービーなりに変換する必要はあります。ちなみにWilliさんは、重めながら画質が良好なSWFファイルに変換しています。

 しかしそもそも、VRMムービーを撮るにはVRMのキャプチャー機能を使うべし、なんて決まりがあるわけ無いし、より便利なフリーソフトを探そうとしなかった我々がむしろ呑気過ぎたのかもしれませんね。

 というわけで、パパッと作ったムービーをご覧ください。


 先日の紀勢本線っぽいビネットで撮影しました。走行音が鳴ってますし、音源部品の小鳥のさえずりもバッチリ入ってます。

 中央上部になにやら見えますが、フリー版では「www.fraps.com」というロゴが入る仕様だそうです。気になる場合は下部の情報表示とあわせて、後の編集作業でトリミングしてしまうのも手です。

 また特に注意したいのは、デフォルトではムービーキャプチャーはF9キーに割り当てられていることです。
 F9キーはVRM3、VRM4共にウィンドウモードへの切り替え機能が割り当てられているので、このままだとキャプチャー開始と同時にウィンドウモードになってしまいます。ですからこのキーはあらかじめVRMの諸機能と干渉しないキーに変更しておく必要があります。

 FRAPSはここからダウンロードできます。
 ダウンロードやインストールの手順、設定の仕方とか、わからないことがあったらコメント欄などでお気軽にお尋ねください。自分のわかる範囲ならお答えします。ただし苦情は受け付けません、念のため(笑

 とゆーわけで、thanks a lot, Willi!
posted by 45-50s at 23:32| Comment(8) | TrackBack(0) | V4ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。