2007年05月13日

眼鏡橋貨物駅

 VRMにはトンネルの出口部分に使う「トンネルポータル」なる部品があります。
 VRM3のポータルは片面のみの設計ですが、VRM4では両面に造形がなされていて、ポータル単独でもごく短いトンネルとして使うことができます。

 そんなVRM4のポータルを見ていたら、

0705meganebashiSS01.jpg

<めがね橋に見えてきたのでパイクを作りました>

 とりあえずダウンロードはこちら。VRM4の1号から6号までと追加キットTOMIX2を使っています。少なくとも2・3・4号があれば遊べます。

続きを読む


posted by 45-50s at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | V4レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

新宿〜箱根湯本1分の旅

 というわけでレイアウトができました。

 説明はいらない、下の画像を見れば十分だという方、ダウンロードはこちら

0705VSEvignetteSS01.jpg

<箱根湯本を発車するVSE>

 新宿〜箱根湯本間を圧縮して、3両編成のVSEが行き交うレイアウトにしました。

 列車はすべて自動運転です。終点に着くと勝手に方向転換し、行先表示を切り替えて再発車します。車窓カメラからの景色を楽しんでください。楽しむ暇もないかもしれませんが。

0705VSEvignetteSS02.jpg

<地上カメラ視点から>

 世田谷区内から新宿にかけてを無理矢理まとめたような風景。

0705VSEvignetteSS03.jpg

<しかしふと振り返ると>

 そこは箱根湯本駅前だった!

0705VSEvignetteSS04.jpg

<実物よりも狭苦しい新宿駅に入線するVSE>

 制作にはVRM4第1〜6号とVSEパッケージを使いました。

 線路はVSE収録のものだけを使っているので、情景は寂しくなりますが、VSEしか持っていない方でも一応遊べます(たぶん)。
 情景のほうは、最低VSEと第2号・第6号があればまあまあ見られるんじゃないかと思います。信号機は灯火制御をするとVSEパッケージだけでは遊べなくなっちゃうのでやむなく常に進行現示にしました。

 あー、あとレンダリング範囲「標準」の環境で作ったので、レンダリング範囲「最大」で遊ぶと見えてほしくない部分もいろいろ見えちゃうかもしれません。あしからずっ。

 というわけでダウンロードはこちら
posted by 45-50s at 23:13| Comment(3) | TrackBack(0) | V4レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

いつもより多く

0701VRMslot2SS01.jpg

<回っております>

 というわけで回転するようになったVRMスロットはこちら

 VRMスロットって何だ?って方はこちら
posted by 45-50s at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | V4レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

VRMスロット開店!

 近ちゃんさん発案のコレつくりました。

 とりあえずダウンロードはこちらVRM4第0・2・4・5号を使っています。第5号だけあればとりあえず遊べるはずです。

0701VRMslotSS01.jpg

<ゲーム画面>

続きを読む
posted by 45-50s at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | V4レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

VRMルーレット

 RYOMAさんがターンテーブルの高速回転法を紹介してくれたので、VRMルーレットゲームが完成しました。どうもです!

 とりあえずダウンロードはこちら。VRM4第0・1・2・4号使用です。第2・4号は必須です。

続きを読む
posted by 45-50s at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | V4レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

いなわらチキンレース開催!

 VRM4でいわゆるチキンレースのゲームを作りました。

 3種類の車から好きな車を選んで計2回のチキンレースをし、合計得点を競います。

InawaraSS03.jpg

<跳躍するSUBARU360>

 車は全然知らないですけど、スバル360っていうのは丸っこくて可愛いですね。ちなみにゲーム中ではスバル360は選べません。

 レース中はZキーを押すと発車、もう一度Zキーを押すとブレーキがかかります。「止まれ」ラインより向こう側に止まれば得点になります。道が途切れるギリギリの位置で止まるともっと高得点です。
 オーバーランすると、道が途切れた先の稲ワラで埋め尽くされた場所にガサガサと音を立てて突っ込んでしまいます。早く止まりすぎてももちろん得点にはなりません。

 スペックの低いパソコンではセンサーの読み飛ばしが起こるかもしれません(ワラに突っ込んだのに得点になった、とか)。そういうときはレンダリング範囲を「標準」にしてください。それでも変なときは…、仕方ないんで諦めてください。

 0〜4号使用ですが、1号は見た目の装飾くらいにしか使っていないので無くても普通に遊べます。

 とりあえずダウンロードはコチラ

InawaraSS01.jpg

<車種選択画面(バスはポイント低いです)>

 最高得点はたぶん64000点だと思います。2・3回遊べば出るでしょう(笑

続きを読む
posted by 45-50s at 23:25| Comment(6) | TrackBack(0) | V4レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

裏町裏通り名画館

 今日は走るビネットです。

theaterSS00.jpg

<こんなのです>

 特にモデル区間は無いですが、たぶん紀勢本線のどっかでしょう。S字カーブの築堤を「南紀」とDD51牽引の12系列車が行き交います。

theaterSS01.jpg

<南紀>

 KSMasterさんが公開されているポータブル編成を改造して使用してます。

theaterSS02.jpg

<12系普通列車>

 対向列車の牽引機関車はなんとなく一般色とユーロ色の重連です。
 というわけでいたって普通なビネットですが、音源部品を使って小鳥のさえずりを仕込んであります。
 昨日の日本海ビネットでも強風の吹きすさぶ音を音源部品でループ再生させていますが、風の音はどこでも一様に聞こえるので2D再生にしました。
 一方今日のビネットでは小鳥のさえずり(点音源)ですから、音源部品を杉の林のあたりに置いて、3D再生しています。

 ウチのPCだけかわかりませんが、音源部品をループ再生モードに設定してもつなぎ目で一瞬間が空いてしまうようです。環境音なんかは間が空いちゃうとちょっと興醒めですが…。
 試していないのでうまくいくかわかりませんが、SetEventTimerで音源再生メソッドをループ実行し、音源の再生時間きっかりにループ時間を設定すればスムーズにループ再生できるかもしれません。

 あとはもう1点余計な演出を加えてありますので、ビュワーを起動してみてください(笑

 ダウンロードはコチラ
posted by 45-50s at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | V4レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

大自然の驚異

 自分はいよいよ明日から夏休みです。札幌は昨日から真夏日です。

 北海道のあらゆる建物は冬の寒さ対策として、密閉性抜群!ストーブ完備!二重窓や耐寒窓は当たり前!ですが、これが夏には何を意味するか、言うまでもありません。でも言います。

 暑いっす。

 そんなわけで今日は、涼しげな真冬の日本海のビネットを公開します。

 さて、啓明さんがVRM4第4号に収録されたこいのぼりを評して、

>予想通り無気味です。静止画(スクリーンショット)では感じませんが、ビュワーで見ると、3D空間の空中で固まっているのはなんとも‥‥‥周りの空気が凝固しちゃったような印象も受けます。
(kNRニュース「泳いでいます」より)

 と仰ってますが自分も同感で、自動車が静止していてもなぜかあまり違和感ありませんが、こいのぼりのように空中で静止していると違和感ありまくりです。
 もちろん自動車にしても動くに越したことは無いですし、単に慣れの話かもしれませんけど。

 ところで、静止したこいのぼりといえば、いつだったかこんな話を聞いたことがあります。

 気象庁の仙台管区新潟地方気象台が、1985年12月にこいのぼりを用いて日本海の風の強さを計測する実験調査を行ったそうです。
 12月ですから日本海は荒れます。日本海沿岸の崖のふちにこいのぼりを立てたところ、ひたすら吹き続けるあまりに強い北風のために、こいのぼりは南に尾を向けたまま静止して見えたそうです。

 というわけで、なんだかあまりに第4号のこいのぼりがこのエピソードにハマっているので、再現ビネットを作りました。

koinoboriSS00.jpg

<作業員とやじうま>

 いや、実際にやじうまがいたかどうかは知りませんが。

koinoboriSS01.jpg

<「白鳥」通過>

 「白鳥」がその場を走ったか定かではありませんが、調査中にここを通過した列車の乗客は何を思ったでしょうか。

koinoboriSS02.jpg

<VRMならではの視点で>

 陸地部分の雪の地形テクスチャーと、曇天の天球テクスチャーは啓明さん製作のものを使用しています。どちらも素晴らしい出来ですが、特に雪の地形テクスチャーは何種類も作り分けられていてとても実感を引き立てます。
 海面は冬の荒れた日本海の実写写真からサンプリングして小加工を施しました。

 それにしても気象庁も変な実験調査を行ったものですね、とお思いの方、

続きを読む
posted by 45-50s at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | V4レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

黒船来たる

 うちにもVRM4第4号が届きました。実は既に昨日の夜、不在通知がポストに入ってたんですけどね。

 早速この前作った石巻線ビネットの車両をDE10+ワムに換えました。

IshimakiLineWithDE10.jpg

<本来の主役>

 本当は石巻線のDE10の貨物列車を走らせたくて作ったビネットなので、これで念願叶いました。
 DE10ヴァージョンのダウンロードはこちら

 で、いっしょに頼んだBR101です。

BR101onNanbuLineSS01.jpg BR101onNanbuLineSS02.jpg

<南武線に何故BR101が!>

 上の画像はjpeg変換の段階で車体の赤がつぶれてしまってますが、ビュワーで見るBR101はとてもクールです。ライトもカッコいいですし。何気にグリーンのトワイライトエクスプレスとかなり似合ってません?
 背景にはHagu-Rさんが公開されている画像を使用しています。この背景はインパクトがあって面白いですね。
posted by 45-50s at 23:37| Comment(3) | TrackBack(0) | V4レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

感化イオン(だから違

 実は昨日、ブレーキ緩解音を再現したレイアウトを作ってました。

 でも、スクリプトは完成しても肝心の音源がないわけで。ブレーキ緩解音のフリー音源なんて、どこを探しても見つからな…、ん?

 mokoさんどうもです。

 おかげでブレーキ緩解音再現レイアウトが完成しました。

 とりあえずダウンロードはこちら。VRM4第0・2号使用ですが、2号はほとんど使っていないので0号があれば運転できます。

続きを読む
posted by 45-50s at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | V4レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。