2007年07月09日

C57180もどき

 VRM4第6号にはやまぐち号で有名なC571が収録されてますが、そうなるとやっぱりばんえつ物語号のC57180も欲しくなりますよね。

 1号機と180号機なら細部は色々と違うんでしょうけど、自分はよくわかりません。パッと見でスノープロウのあるなしが目立ちますけど、ちょろっと調べた限りでは動輪や配管の位置が違うんだそうです。

 あとはナンバープレートの大きさが違いますね。C571はナンバーの下に形式名が併記されていて、C57180よりやや大きいプレートなんで、相対的にボイラーが細く見えます。自分はこれが理由でC571とC57180がまったく別の機関車に見えてしまいます。

 とするとVRM4のC571も、ナンバープレートのサイズを変えるだけで結構C57180っぽくなりそうです。

続きを読む


posted by 45-50s at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | V4リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

YDE10の走行音とか

 この前公開しようと思って忘れてたYDE10の走行音です。

 どうぞ→[Download](180KB)

 この記事で書いたように、YDE10の音はVRM4デフォルトのDE10走行音を加工したものなので、ディーゼル機関車一般の音として使えると思います。

 書くまでもなくたいてい察しがつくと思いますが、ファイル名と用途は以下の通り対応します。

高速運転時・・・DE10_high.wav
低速運転時・・・DE10_low.wav
警笛音・・・DE10_horn.wav
アイドリング音・・・DE10_idle.wav

 ついでに雷ムービーで使った稲妻入り天球テクスチャもどうぞ。

 [Download](96KB)

 とゆーわけでどちらもご自由にお使いください。
posted by 45-50s at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | V4リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

485系「すずらん」

0704_485suzuranSS01.jpg

<485系「すずらん」>

 もし485系1500番台が「すずらん」に充当されていたら・・・というイメージで、おととい撮った781系のヘッドマークを切り出してVRM4第1号の485系に当てはめてみました。
 それほど違和感ありませんが、“すずらん”の字体がちょっと国鉄色と合わない気もします。

0704_485suzuranSS02.jpg 0704_485suzuranSS03.jpg

<ヘッドマークと側面>

 製作工程は、号車札などはfoxさんが公開している車両テクスチャーから拝借してtettaさんVRMfoxTextureComposeで貼り付け、ghostさんのポータブル編成一発組み込みでもって編成ファイルに仕立て上げるという、すっかり他力本願の構成です。

 側面方向幕は室蘭行き(上り)と札幌行き(下り)で切り替えられます。

 というわけで編成ファイルのダウンロードはこちら
posted by 45-50s at 23:39| Comment(3) | TrackBack(0) | V4リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

星空考

 VRM4の空は、天球テクスチャの色合いを変えることで晴れだの曇りだの夕焼けだのと色々な空を表現できます。夜間モードでは暗色の画像をあてがうだけでも夜の空になりますが、テクスチャ全面に星を描けば星空を再現することもできます。

 星空を再現する場合、もちろん天球テクスチャに星を描いても良いんですが、天球テクスチャはビュワーでは数倍に引き伸ばして展開されるみたいなので、星のひとつひとつがずいぶん大粒になってしまいます。

0704experimentonstartexture01.jpg

<大粒の星空>

 これは本物の星空の写真から切り出して作った天球テクスチャですが(ちなみにこの時の)、ずいぶん大きな星だらけになってしまってます。

 うーん、それじゃ天球テクスチャはただの黒っぽい画像のままにして、雲テクスチャに星の描画をまかせてみたらどうなるでしょうか。
 ついでに上の画像は星の数が多すぎるので(こんなすごい星空、山の中でないと見られないっすよね)、星の数は控えめにしてみませう。

続きを読む
posted by 45-50s at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | V4リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

ワイド液晶

 VRM4第6号収録の321系は、車内の液晶ディスプレイをスクリプトで自由に書き換えることができます。既に積極的な作例として新電さんの5秒おきに広告が切り替わるD1編成があります。

 おもしろいので自分も何かアニメーションでも作ろうと思っていたのですが、どーもネタが浮かばないので、SLやまぐち号のCMでお茶を濁すことにしました。

 昨日やや唐突に長門峡のレイアウトを作ったのは、C56160とC571の印象を比較したかったこともありますが、実はコレを作るためだったのであります↓


 1両分のテクスチャを用意するだけでも気の遠くなるような作業でしたが、7両全てのテクスチャをそれぞれ書き換えると多分本当に気が遠くなるので、CMが流れるのは先頭のクモハ320だけです。2枚の画面の間を取っ払って特別に1:2のワイド画面にしちゃってます。

 今思えばテクスチャのサイズを大きくしてもっと良い画質にしたほうが良かった気もしますが・・・、やり直す気力はもうありません(笑

 編成ファイルのダウンロードはここをクリックしてください。
 ファイルサイズがかなり大きい(6MB弱)ので、もしかしたらそのうち消しちゃうかもしれませんがあしからず。

 貴婦人ことC571のムービーがワイド画面で楽しめる、とっても優雅な通勤車両、あなたのレイアウトにもおひとついかがですか。いらないですかそうですか。
posted by 45-50s at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | V4リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

津和野稲成1号っぽいもの

 元旦に撮った津和野稲成号の写真から切り出したヘッドマークをVRM4に取り入れてみました。

0701TsuwanoInariSS01.jpg

<津和野稲成1号っぽいもの>

 自分が撮影した津和野稲成3号はC56160牽引でしたが、深夜に走った1号の方はDD51重連+12系5両という妙に豪奢な編成で、前日の大晦日に下関を出発して山口線内で元旦を迎えるという謎の列車でした。
 調べてみると1号にはヘッドマークは掲げられなかったようですが、今のVRM4にはSLがないのでこの編成にヘッドマークを掲げてみました。

 ちなみに牽引機のナンバーは、JR貨物のDD51852と855だったらしいです。JR西日本は重連にするためにわざわざDD51を2両も借りたんでしょうか。

DD51_852TsuwanoInari.bmp

<ご自由に使ってください>

 このまま使えばVRM4第4号のDD51に使用できます。あんまりニーズのなさそうなヘッドマークではありますが(笑
posted by 45-50s at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | V4リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ついでに

 さっきの記事の2枚目のスクリーンショットで使った天球テクスチャーと雲テクスチャーを公開しますので、お好きにお使いください。
 天球テクスチャーは、デフォルトのものの色合いを変えただけですが。←すみません、勘違いでした。この天球テクスチャーは啓明さんが製作しVRM4EGに収録されているSky_Aki.bmpの色合いを変えたものです。

 ダウンロードはこちらです
posted by 45-50s at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | V4リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

トラコンで楽しむ電機子チョッパ

 先日の201系サウンドをトラコンでもやりたいというぼやきに、天狗亭さんがトラックバックをしてくれました。

 その記事で大ヒントをくださったので、それを元に早速トラコンモードを作ってみたのですが…、



 はまりまくって号泣しました。

 if命令で加速度の正負・大小を判断するときに小数ではなく整数を使っていたりしてなかなかうまくいかずシクシクしましたが、トラコン対応まではどうにかできるようになりました。
 がしかし、チョッパ音が途切れるのがどうにもできず、号泣であります、ハイ。

 ところが今日になってカフェー天狗亭運輸部門が更新され…

 天狗亭さん万歳!

 晴れてトラコンでも電機子チョッパが楽しめるようになりました。しかも音切れなし。これでもう何も言うことはないですね、VRM4に201系さえ出れば(笑

続きを読む
posted by 45-50s at 17:27| Comment(0) | TrackBack(1) | V4リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

この前「数%」を「スーパー銭湯」と聞き間違えた

 んですが、本文とは何も関係ありません。

 201系は東西の大都市圏で運用されていますから、おなじみという方も多いと思います。自分も東京にいたときは中央快速線や中央総武緩行線でしょっちゅう目にしました。

 で、その201系の走行音がJRとしては独特で、加減速時には「ウィーン」と一定の音程の音が鳴ることも、多くの方はご存知でしょう。

 例えば営団地下鉄…じゃなかった東京メトロ日比谷線の03系の一部も201系と同じ電機子チョッパ制御で、加減速時には一定の音が鳴ります。こっちはウィーンというよりヒャラリ〜って感じですが。

 そこでこれをVRMで再現するのは、VRMでは運転サウンドの音程が加減速に応じて変わってしまうから無理!と考えるのが我々凡人であります。しかし昨日、mokoさんこれをやってのけました

 車両はVRM4第3号の103系で代用されていますが、キー操作で加減速を行うとあの「ウィーン」音がモハから聞こえてきます。ちなみに運転台カメラで聞こえにくいときは、モハまでカメラを移動すると良く聞こえます。

 面白くて何度も試したくなります。ううむ。これは是非、手動運転時でも鳴らしたいっ。というわけで思案を巡らし、手動運転対応バージョンをつくっちゃいました。

続きを読む
posted by 45-50s at 19:01| Comment(2) | TrackBack(1) | V4リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。