2007年12月24日

側面撮りの構図選定による些細な違いをシミュレートしてみました

 元旦は東京の実家で迎えるので、いつものようについでに関東の列車を撮影してくるつもりです。

 EF64を直線区間で側面から撮影しようと思ってるんですけどね。

 ほんの些細な構図の違いが、ずいぶん仕上がりのイメージに変化を与えるような気がしないでもないので、VRM4を使ってシミュレートしてみたんですけど、やっぱ気のせいかもしれないですね。でも気のせいじゃないかもしれないですね。そのへんは撮ってみないとわからないっすね。

0712ef64atstraight01.jpg

<標準レンズで>

 標準レンズで撮影すると、車体の箱っぽい感じは出るんですが、面白くもなんともないです。

0712ef64atstraight02.jpg

<広角レンズで・その1>

 広角レンズでもう少し線路に寄って、若干車体の形状を歪めつつ、画面占有率を横幅に対して2/3ほどにしてみました。

0712ef64atstraight03.jpg

<広角レンズで・その2>

 もう一度線路から離れて、車体の画面占有率を半々くらいにしてみました。少し奇をてらって進行方向に大きな空間を用意したんですがイマイチです。

 ざっと見比べると上から2番目がいいなー!というわけで上から2番目の構図を目指して撮影することに決めました。なんかやっぱりどれも同じに見えなくもないですが、そんなことないですよね。あっはっは。


posted by 45-50s at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | VRM→R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。