2007年02月22日

しつこく余震

 おーっできた!

0702de10_3d.gif

<グラグラッ>

>カメラは角度を振るんではなく、角度はそのままで平行に横移動させた方かいい
(JUNのひとり言「グラグラッと本震」より)


 ということで水平移動のみでやってみたところ、見事に立体になりました。

0702explanation_3d.jpg

<2つの方法の違い>

 はじめに自分が試したのは左の二つの画面が交差する方法です。左右の目の構造に近そうなので水平移動より立体的に見えるんじゃないかと思ったんですが、実際は昨日書いたとおり惨敗でした。

 一方junichiさんが用いているのは、微妙にずれた位置から撮った(しかし角度は平行で交差しない)2枚の画像をそれぞれトリミングする方法です。
 トリミングして主役の被写体の画像端からの距離を2枚とも同じにする(わかりにくい・・・明日あたり画像を使ってあらためて説明するかもです)ことで、主役は揺れず、主役と被写体の距離から乖離した物体ほど大きく揺れるようになり交差式と近い効果が得られます。
 しかし交差式と違って2画面の角度のずれがないので、遠景が必要以上に揺れてしまう(いわゆる“尻尾を振る”)ことはないわけです。

 うーむ。せっかく任意の角度で交差式の画像が撮影できるスクリプトを書いたのに、水平移動のみのほうがずっと立体効果があるとはッ。


posted by 45-50s at 00:32| Comment(0) | TrackBack(1) | VRM雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

擬似3Dフライスルーカメラ
Excerpt: 作ってみました。[Download] 擬似3Dフライスルーカメラ45-50s氏とjunichi氏の先行事例があったおかげで、擬似3D表示自体はあっさりと出来てしまいました。やや操作性に難がありますが「..
Weblog: VRM入道
Tracked: 2007-02-22 16:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。