2006年11月20日

I.MAGIC VRM News Vol.66

 に第5号の新しい情報が載ってますね

 どれも気になるんですが、築堤部品は楽しみです。VRM3の築堤もとても便利で使い回しが利く部品ですが、単線用で法面が急峻なものしかないのが玉にキズでした。VRM4では複線用なんかも出てくれるといいですねぇ。

 工場関連の記述もあります。

>工場関連は大幅にパーツが増え、工業地帯から町工場まで表現に幅が広がりました。


 「大幅に増え」ってのはもちろんVRM3と比較しての話なんでしょう。工場部品といえば、おいちゃんさんJunichiさん、むらPさんのお三方がVRM3ですさまじい使い方を披露しているのがすぐに思い出されます。せっかくですから、第5号を機にVRM4に本格的に参入してはいかがでしょうか。

 自分も、はじめてVRM4を使ってみたときはVRM3との使い心地のちょっとした違いにぎこちなさを感じましたが、慣れてしまえば、やはりVRM4のほうが色数が多いこともあってより豊かな情景が創れると感じます。

 お知らせにあった「各種信号機」についての記述が見当たらないのはなぜなんでしょうね。実は中継信号機が無いことを言い出しにくいとか。それはさておき、

>鉄道建物では、車両区関連が入りました。窓が半透明になった電車庫は、建物の中の様子が、外から見えます。


 窓が半透明になったのは大歓迎なのですが、電車庫のスクリーンショットをよーく見てみると、なんか架線が入口上部にめり込んでるように見えるんですけど・・・?

>地形ブラシを遅延ドロー方式に変更。ブラシの書き味が大幅に向上しています。


 遅延ドロー方式ってのがどんなものかわからないので何とも言いようがないんですが、個人的には今までのブラシの書き味があまり良くないとは思っていました。
 ちょっと早く動かすとパラパラと飛んでしまって、ペンのように滑らかに地形を描けないんですよね。特にテクスチャーブラシで広い面積を塗りたくるときなんかは結構ストレスが溜まりました。
 そういう方面が向上しているといいなー、と思ってます。

>特別収録として591系高速試験電車


 591系?特別収録するならキハ52しかないだろ(んなワケない)、とはじめは思いましたけど、両数がなく営業運転にも使われなかった車両だけに、車種からくるイメージに囚われない自由な使い方ができるのではないかなーと思うと、かえって面白そうであります。
 個性的な顔つきでヘッドマークもありますから、まだVRM4でもあまり事例が見られない「オリジナル列車」のいい媒体になるかもしれません。

 そんなわけで、あと気になるのは値段だけでございますよ。よしなによしなに。
posted by 45-50s at 20:49| Comment(4) | TrackBack(0) | VRM雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハイ…そのつもりです!
しかし、スクリプトとか全然?ですが!
Posted by junichi at 2006年11月21日 01:29
そうですか!期待してます。junichiさんがVRM4に参入するのを楽しみにしてました。
スクリプトは、無理して使わなくたって全然いいと思いますよ!自分もVRM4でまだ使ってない機能は結構あります。
Posted by 45-50s at 2006年11月21日 23:33
自分もそのつもりです。
VSEは購入しているので,いろいろ勉強している状況です。
SSメインなので,スクリプトは特に関係ないかな???
でも第5号の工業施設は非常に気になります。
Posted by むらP at 2006年11月24日 09:38
はじめまして!むらPさんのものすごい密度のスクリーンショットには、いつも驚かされてます(そしてその舞台裏が気になります・笑)。
VSEを購入されたんですね。何気に自分はまだ買ってないんで、第5号のついでに買おうかなと思ってます。

仕方がないのかもしれませんけど、VRM4ではどうしてもスクリプトっていう言葉が独り歩きしちゃってる感があります。他のツールと同じで、使いたい人が使いたいときに使えばいいだけなんですけどね・・・。
それにVRM3とVRM4は別に水と油じゃないですから、ゆっくーり徐々にVRM4にも移行してもOKだと思います。もちろんガーッと移っちゃってもいいですけど(笑
Posted by 45-50s at 2006年11月24日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。