2011年08月09日

小樽周辺ぶらり撮影の旅

 暑くならないうちに写真を撮りに行きたいなあ、しかし金ないなあと思ってたら真夏になった。何だこの体たらく。

 ・・・なんてことを毎年言ってるわけですが、それにしても今年は本当に撮影に行ってないなあ。3月以来5ヶ月ぶりであります。

1108otaru_001.jpg

<真夏の日差し>

 というわけで先日、帰省中のゆきもよさんに誘われまして、久しぶりの小樽周辺ぶらり撮影の旅してきました。
 行程は、オタモイ峠→小樽市総合博物館→朝里の海岸って感じです。


1108otaru_002.jpg

<謎の地下歩道脇から>

 午前中はSL撮影地として有名なオタモイ峠へ。のはずが降りるバス停を間違えたうえ地図の中学校と小学校を取り違えて、市中をうろうろ徘徊したあげく謎の地下歩道脇へ。
 たくさん歩いていい運動になったし、新しい撮影地を見つけられて良かったよね!お前が言うなですかそうですか。

 そこそこ広々とした場所に見えますが、実際には障害物が多く、写真のアングル以外で撮ることは難しい場所です。ちなみに下り列車です。


1108otaru_003.jpg

<オタモイ峠を登ります>

 上の列車が小樽で折り返して戻ってくるまで30分ほどあったので、その間になんとかオタモイ峠に移動することができました。ご覧の通りです。草がたくさん生い茂ってました。真夏ですものね。

 山線はこれで切り上げてバスで中心部に戻ります。ゆきもよさんがAKAGIさんに聞いたというなると(唐揚げの店)で昼飯。北海道に住んでそこそこ経つのに恥ずかしながら知らなかったっす。味良くボリュームがあり店内も広々として大変よろしかったです。

 午後は暑さから逃れるように小樽市総合博物館へ。


1108otaru_004.jpg

<アイアンホース号>

 一仕事終えて留置中のところを激写。煙が出てますがこちらに向かって来ているわけではないです念のため。


1108otaru_005.jpg

<キハ031>

 なんか古いレールバスらしいよ。


1108otaru_006.jpg

<こんなに天井低いよ!>

 展示車両の多くは中に入ることができますが、特に屋外の車両はねっとりと熱気がこもっていました。なんというかサウナ状態。

 結局、夕方まで館内をだらりと見物して暑さをしのいだ後、夕焼けの朝里海岸で普通列車を撮影する事にしました。これだけ晴れてるんです。絶景まちがいなしです。


1108otaru_007.jpg

<太陽どこ行った>

 海鳥「何撮ってんの?あの線路?楽しいの?」


1108otaru_008.jpg

<防波堤に守られて>

 とはいえ、薄暗い中での撮影もたまにやると面白いわけであります。カメラの性能が追いついてくれればですが。ISO800でこのノイズはきつい。


1108otaru_009.jpg

<おわり>

 とまあこのような感じで、謎の地下歩道脇に行って、列車サウナに入り浸って、曇天の海岸を撮る、という奇怪な一日は終わりました。一人だったら自己責任モノですが、ゆきもよさんを巻き込んでしまうという大失態でありました。とても楽しかったです。またそのうちどっか行きましょう。


posted by 45-50s at 20:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前、ゆきもよクンがボクんとこへ遊びに来てくれたときも、それはそれは表現に困る曇天だったんですが、これで秩父旅も曇天になったら、ゆきもよクン=雨男ならぬ曇天男、確定ですな。いや、んなこたないけど。

それはさておき、仕事の都合で秩父旅行けなくなっちまいましたです(落涙)。
Posted by ghost at 2011年08月17日 23:20
去年も暑くならないうちに写真を撮りに行きたい45-50sさんを真夏にお誘いしたような気がしますが気のせいですよねw。

それにしても撮影地の案内大変助かりました。
迷子になりかけながら列車が来る!と走ったのは夏の良い思い出になっております。
一段落しましたらこちらも記事を書かせて頂きます。

>曇天男
ライティングを気にしないで写真を撮れるように暗躍しておりますw。
Posted by ゆきもよ at 2011年08月17日 23:54
どもです。

> ghostさん

秩父の件は残念です。直接お会いできるかと楽しみにしていたのですが…。

ゆきもよ君が曇天男というのは違うのであります。ここは断固弁護致しますが、今まで自分がゆきもよ君と出かけた時は、出発後しばらくの間はほぼ確実に快晴です。

したがって、彼は曇天男ではなく、「晴れ後くもり男」もしくは「肝心な時に曇天男」と判ずるのが妥当なのであります。…あれ?

> ゆきもよさん

いえいえ毎度ぐだぐだな展開ですみませんでした。

> 気のせいですよね

気のせいです。冒頭の文体が一年前のコピペなのはたんっなる偶然です!w

そちらのレポものんびり楽しみにしてますよん。
Posted by 45-50s at 2011年08月21日 00:12
キハ03!Σ(´Д`*)ハァハァ
DD16!Σ(´Д`*)ハァハァ
 
ハアハア。。。えーと、可愛い車両まつりですか?(ぉぃw
ノイズは、、、頑張って微動だにしないとか(w)口径がデカいレンズとかで露出増やせればISO感度も低く出来るのでしょうけどね。。。難しいですな。
Posted by moko at 2011年08月22日 03:13
どもども。
小樽博物館には色々いるけど、一番レンズを向けたくなるのはやっぱりかわいい車両でした。不思議。

ノイズはもう諦めてますw
明るいレンズだと確かに改善策にもなるんだけど、ピント合わせがシビアになっちゃうからね…。トレードオフってことで。
Posted by 45-50s at 2011年08月26日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。