2006年05月05日

トラコンで楽しむ電機子チョッパ

 先日の201系サウンドをトラコンでもやりたいというぼやきに、天狗亭さんがトラックバックをしてくれました。

 その記事で大ヒントをくださったので、それを元に早速トラコンモードを作ってみたのですが…、



 はまりまくって号泣しました。

 if命令で加速度の正負・大小を判断するときに小数ではなく整数を使っていたりしてなかなかうまくいかずシクシクしましたが、トラコン対応まではどうにかできるようになりました。
 がしかし、チョッパ音が途切れるのがどうにもできず、号泣であります、ハイ。

 ところが今日になってカフェー天狗亭運輸部門が更新され…

 天狗亭さん万歳!

 晴れてトラコンでも電機子チョッパが楽しめるようになりました。しかも音切れなし。これでもう何も言うことはないですね、VRM4に201系さえ出れば(笑

 こうなってはおまけみたいなものですが、一定速度(初期設定では6km/h)まで減速すると回生失効を起こすギミックも組み込んでみました(こちら)。

 もっとも、ぶっちゃけこのギミックはあっても無くてもいい感じです。多分、実車の停車時にはブレーキ緩解音やら制輪子の擦れる音やら、それこそ無数の種類の音が入り混じりますから、回生失効だけ再現してもあまり変わらないってことだと思います。

 それにしても、201系はVRM3で出たから無理だとしても、203系なんかアルミ車体がVRM4に合いそうで面白そうですね。常磐線色の103系も出たことだし。


posted by 45-50s at 17:27| Comment(0) | TrackBack(1) | V4リソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: >>多謝天狗亭様45-50s様hagu-r様ボクのつまらない一発ネタに付き合って頂きまして本当に有り難う御座いました。もう、あれです、なんて言っていいかわからないです。嬉しすぎて。で、一つ判ったのは皆..
Weblog: 日向車両mini
Tracked: 2006-05-05 23:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。