2010年10月25日

くるりたび・前

 皆さんこんばんは。おげんきですか。ぼくはげんきです。

 8月にmokoさんゆきもよさんと久留里線に乗りに行ってきましたよ。いやー暑かった。ちなみに札幌はもうすぐ初雪です。
 最近、撮った後の写真にあまり興味がないというか、どうもPCに移してホワイトバランスを整えて、必要に応じてごみ取りやレタッチ・・・という一連の現像作業が億劫で仕方がありません。いや、言い訳ですが。

 旅程は二人がとっくに紹介してくれているので写真ばかりパラパラと。あーあ。他力本願だな。


1010_1008kururi_01_01.jpg

<ぽつん>

 木更津駅の脇には幕張車両センター木更津派出があって、久留里線の車両が置かれてます。手前の車庫にもキハやDE10が停まっていますが、国鉄色のキハ30は一番奥のほうに押し込められていました。


1010_1008kururi_01_02.jpg

<スカ色と紅色>

 千葉から乗ってきたスカ色にお別れのファインダーを向ける紅の豚ことmoko氏であります。


1010_1008kururi_01_03.jpg

<一路上総亀山へ>

 車内は紺色のバケットシートです。


1010_1008kururi_01_04.jpg

<終着>

 そして終着の上総亀山。車止めをうらめしそうに見つめるキハ。
 とうの昔に延伸計画は潰えているのでした。


1010_1008kururi_01_05.jpg

<野焼き>

 折り返し横田へ。濃い緑色の山並とか段差の多い田んぼとか普段北海道では見られないのでちょっと懐かしげ。


1010_1008kururi_01_06.jpg

<飛行機だー>

 横田駅で列車交換。成田が近いので上空を飛行機がよく通ります。でもキハは俺は陸の生き物だといわんばかりに素知らぬ顔。


1010_1008kururi_01_07.jpg

<なんか海外の旅客機っぽい>

 ことはわかる。それ以上はわからん。


1010_1008kururi_01_08.jpg

<対向列車はキハ37でした>

 窓の支持ゴムが白色じゃ、せっかくのブラックフェイス風塗装が無意味じゃないすか。


1010_1008kururi_01_09.jpg

<撮影日和>

 もはやバラストを我が物としている雑草が味わい深い。前面窓のワイパーで拭きなぐった跡が味わい深い。別にレトロってわけじゃない。車両は塗装もエンジンもすっかり様変わりしているし、周辺だって国道沿いの郊外型店舗が幅を利かせてるし、乗客がみんな40年前の服装をしてるわけでもない。
 でも、ま、それが正直でよろしい。ここに写っているのが国鉄色に塗り替えられたキハ30でなくてかえって良かった気がします。

 個人的には、写真は撮影者が創り出したファンタジーではなくてなるべく写実的な記録の上に成り立った表現でありたいものです。写実的なものが美しい、というのが最も美しいと思います。写実的だが美しくない、汚らしい、なんてものも、写実的だという一点においてなお美しいと思います。逆に、撮影場所の実景とは違う印象をミスリードするような写真は、画面の綺麗さにかかわらず好きではありません。

 で、ファン向けに国鉄色に塗り替えられた車両を撮影するという事は、それ自体が遠まわしにミスリードの一端を担っているのではないかな。まあ塗色にまつわるストーリーを理解しているファンが内輪で楽しむには何もおかしくはないのですが、そういう写真ばかりを一般的な鉄道写真としてファンの外側に輸出することはできないな、と思います。


1010_1008kururi_01_10.jpg

<つづく>

 久留里駅にて。線路どこだよ。


posted by 45-50s at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>紅の豚
ども!ご紹介賜りましたイベリコ・・・て、おいおいww(お約束)
改めて見ると、猫背に首周りのお肉がヒデェこと(笑えない

横田-東横田のキハ37見事ですね!空の開放感と雲の感じが何ともいえませぬ。
(´∀`*)

>別にレトロってわけじゃない。
汚いのも枯れてるのも腐ってるのも''今''のことであって、''昔''風ってワケではない・・・むしろ昔を模したモノがピッカピカという矛盾ですかね。

ちなみに、Hゴムがグレーなのは個人的には好きです。ブラックフェイスなデザインが不完全な方が機械臭さがあると言うか、よく見たら側面の客扉窓は黒ゴムで不揃いな感じも萌え・・・ですが、これ結局レトロ目線なんスかね。(汗
Posted by mokoぶー at 2010年10月31日 02:59
ww
すっかり遅くなってしまってごめんねw

レトロの話は少し筆が滑ったけど、別にレトロ趣味そのものが悪いと言いたいわけじゃないっす。
個人的には、レトロな存在そのものじゃなくて、レトロな存在が未だに存在せざるを得ない状況が面白いんです。その意味で、例えば久留里線なら、きれいだけどちょっと寂しい沿線風景の中を久留里線色の気動車が走ってる2010年の久留里線を記録したかったな、みたいな感じでありました。
それならピカピカ国鉄色のキハ30もそういう現代の久留里線の一部だと受け止めることもできますよね。あとは各々の受け止め方のさじ加減ですな。

> Hゴムがグレーなのは個人的には好き〜

そのへんは全部同意ですw
中途半端さがかえっていいよね。
Posted by 45-50s at 2010年10月31日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。