2009年10月04日

VRなんとか関東サミット2009・中

 前回の続きです。

0909vrmkanto04.jpg

<前パン!>

 前パンの車両は好きですが前パン前パンとあまり口に出して連呼したくない気がします。そこはかとなく。


0909vrmkanto01.jpg

<。。>

 よく見たら手前と奥の編成で帯色が違う。1次車以外は金帯を省いてるんだそうです、Wikipediaによると。
 10000系はなんといっても前頭部の形状ですね。スタイリッシュだけどボリュームがあるので、撮り方次第でただの頭でっかちに写ってしまいます。
 はやぶささんが真横から撮られてましたが(この記事の最後の写真)、奥にいる20000系の角ばったフォルムとの対比も相まって、シンプルながら一番良いアプローチのように思いました。


0909vrmkanto07.jpg

<発車前>

 乗務員室から運転手さんが顔を出してますね。見えづらいですがホーム中ほどにも駅員さんがいて、熱気にゆがむホーム端には車掌さん。三すくみだな。違うか。


0909vrmkanto05.jpg

<発車後>

 駅の隣には踏切があって、発車した下り電車は遮断機があがった踏切を眺めつつカーブの向こうに去っていきます。
 発車後の後追いといえば、同じ場所で撮られたmokoさんの側面に着目した写真が面白いっすね。実際にホームで列車を見送るときの視線がそのまま写真になっているようで。もちろん実際にはそのままではなくて、写真としてジャマな要素は時間的にも空間的にも画面から間引かれているのですけど。

 話がそれますけど、自然の感情を思い起こすような写真を撮りたいとしても、ただ思うままにシャッターを切るばかりではダメなんすよね。それは本人の自覚の有無というよりは、シャッターを切るまでの身体(指とか目とか)の動物的な感覚を、頭が目的をもって信頼し制御できるかでしょうね。

 それはさておき、このときは自分にとって副都心線開業後初の西武線訪問でした。メトロ10000系も新鮮でしたが、もうひとつ。


0909vrmkanto10.jpg

<快速渋谷行き>

 個人的に東横線で見慣れた渋谷行きが西武線内で見られるという不思議さ。この感動と興奮を表したかったのですが、行先表示が見事にスリット状になってなんかもうよくわからん。LEDありがとう。


0909vrmkanto11.jpg

<振り返って>

 西武といえば黄色い電車?古い古い。


0909vrmkanto12.jpg

<つづく>

 最近じゃ4灯シールドビーム車だって走ってるんだぜ。

 


posted by 45-50s at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。