2008年06月12日

レイアウト以外の公開方法が“見かけ上”盛んなのは本当かも

 漆黒さんのコメントへのghostさんの言及(コレコレ)を拝見していたのですが。

 自分は、直感としては漆黒さんとghostさんの中間にあります。つまり、「最近レイアウト公開は敬遠されがちかもな、動画とかの公開方法が多いよな」という直感を抱くことが割とよくあります。自分はこの直感はしかし錯覚だと思っています。

 ただ、錯覚であるにせよ、少なくとも漆黒さんや自分がそう感じるのは本当です。そこでそれはなぜかと考えてみると、言わばこなれたネットVRMユーザーにとっては、レイアウト以外の表現手法は単純なレイアウト公開よりも魅力的で、その結果、目立って優れたコンテンツはレイアウト以外の表現手法が占める割合が大きくなるからではないかと推測できます。

 こなれたネットVRMユーザーというのは、自前のwebサイトかブログを持っていて、しばしばいくつかのブックマークを集めるようなネットVRMユーザーのことです。この人たちは見かけ上、他のユーザーよりもよく目立ちます。

 さて、レイアウト製作と違って、例えばVRMの動画製作には、VRM以外の(動画作成ソフトなどの)ツールの介入する余地が多くあります。つまりレイアウト以外の表現手法は、webに慣れたこなれたユーザーが自分の製作物をプロデュースするのに好適である反面、こなれていないユーザーがすぐに挑戦するには、その人がどんなにVRM自体に精通していようと、それなりに敷居が高いものとなります。

 この結果、ネットVRM界隈の目立つ場面にはレイアウト以外のコンテンツがよく見られるようになり、相対的に、レイアウト公開はあまり目立たなくなります。サイトやブログをお持ちのネットVRMユーザーでコンスタントにレイアウト公開をされているのは、自分にすぐに思いつく限りでは漆黒さんTatsuoさんのお二人くらいですが(注)、一方でfoxさんが行っているレイアウトの代理公開の盛況ぶりはご存知の通りです。
 ghostさんがこの記事の後半で指摘するとれたてVRMで取り上げられるコンテンツがレイアウトよりそれ以外の表現手法に傾きがちであることも、このこと(とはてなブックマークの使い手が、当然こなれたユーザーに偏りがちであること)によると考えることができます。

 というわけで、レイアウト以外の公開手法なんて目立ちたがりの怠け者の方便なんで、気にしなくていいんじゃないでしょうかね!ってお前が言うなですかそうですか。

注:あとまゆきち御大。ghostさんご指摘どうもっす。他にもいらっしゃるかもですが許してください。


posted by 45-50s at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | VRM雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。